投稿者: 愛媛県建築士会 松山支部

新年のご挨拶。

 

松山支部の皆様、新年あけまして(寅年だけに)おめでタイガー!

お揃いで新しい年を迎えられたことと思います。

私も初日の出を拝みに松山城に上ってきました。今年はきれいに見られました。同時に振り替えると、初日を浴びたお城の建物が見え、新たな新年を迎えたことを実感しました。

コロナも今のところ一段落。オミクロン株により今後の展開も気になる所ですが、心配し過ぎも仕方がないので、目標を立ててできることから一つ一つ頑張っていきたいと思います。

昨年は、松山支部活動も例にも漏れず、前半の6か月はほとんど活動らしい活動ができませんでした。

10月くらいからは制限も徐々に緩和されてきて、11月22日(月)には、第2回理事会のあと、賛助会員も含めて全会員に声がけして懇親会を開催しまいた。60人の参加を得て、自粛のルールを守りながら楽しく盛り上がることができました。

多くの方々から「久しぶりに楽しい会に参加できてよかった」などのご意見をいただきました。

12月4日(土)には、花岡が(公社)高知県建築士会高知支部のブロック集会+技術工法説明会で、道後温泉本館保存修理工事の様子を紹介する講演をしてまいりました。夜の懇親会にも温かく迎えられ親睦を深めるとともに、今後県最大の支部同志、高知支部と松山支部の親しい交流を約束してまいりました。

年明けは、通常は建築士の日(7月1日)の前後に行われていた「建築士の日の行事」を1月22日(土)に開催する予定で、青年・女性委員会を中心に準備を進めてもらっています。一昨年に引き続き(昨年度は中止)、椿小学校の児童と保護者の方を対象に、「家づくり体験」と称して建築模型を作っていただきます。あと、例年10・11月に開催していた支部行事の、地区対抗ボーリング大会・懇親会も今年度内に開催したいと準備を進めているところです。

以上、報告等が少し長くなってしまいましたが、新年のご挨拶させていただきます。

みんなで力を合わせて支部活動を盛り上げていきたいと思いますので、ご協力、よろしくお願いします。明るく元気に頑張りましょう!

愛媛県建築士会松山支部 支部長 花岡 直樹

令和3年度第2回 支部理事会、および懇親会が開催されました。

松山支部理事会が

令和3年11月22日(月)

17;45~

ANAクラウンプラザホテル松山にて

十分な感染対策を施した上、無事開催されました。

    

引き続き、懇親会も開催されました。

従来この時期の懇親会は、理事と賛助会員様で開催していますが、

今年も新型コロナウィルス感染防止のため、

総会後の懇親会、夏の会員の集いも中止となり

そこで、今年度皆で集まれる唯一の機会と思われますので、

支部会員全員に呼びかけて開催することといたしました。

      

武内常任理事 黄綬褒章受章!

前支部長で常任理事の武内邦彦さんが、このたび黄綬褒章を受賞されました。おめでとうございます!!栄誉ある賞をいただいて、松山支部にとっても、とても嬉しいことです。永年の仕事に対する努力の積み重ねが実を結んだものと思います。もちろんお人柄も物を言ったと思います。

これからも松山支部の中心人物として、また本会やお仕事の上でも益々活躍され、我々を引っ張って行って欲しいと思います。体には十分気をつけて頑張ってください。

愛媛県建築士会松山支部 支部長 花岡直樹

訃報のお知らせ

当支部相談役の和田忠則様が、今年7月に体調をこわされ療養中でしたが、薬石効なく去る10月6日、享年79才にてご逝去されました。松山支部の支部長はもとより、本会の会長として愛媛県建築士会のためにご尽力いただきました。謹んでお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈りしたいと思います。

私自身も20代で入会した時から、とてもよくしていただきました。特に、平成19年度に発刊した「愛媛の民家」の調査にはいつも参加してくださり、編集時には、前支部長としていろいろ励ましていただいたのを、ついこの間ように思い出します。建築士会活動以外でも、日本建築積算協会の会員として、広島の会議によく同行させていただきました。

今日(10月29日)、ご自宅を訪問し、奥様にお会いしてお悔やみを申し上げてきました。お部屋には最後にベテル病院で過ごされていた時の写真や、お孫さんが描いた絵が飾られていて、見ているうちにしんみり来てしまいまいた。穏やかに過ごされ、ご家族や建築士会の後輩たちに「あとは頼むよ」と言いながら、安心して逝かれたんだな、と感じました。ずいぶん遅くなってしまったのですが、ご挨拶ができて本当によかったと思います。

ご遺族からいただいたご遺影のデータを添付しておきます。いいお顔をなさっていらっしゃいますので、ご覧ください。これからも、偉大な先輩に負けないようにみんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います。

そして、最後に言わせてください。「いろいろありがとうございました。そして、ゆっくりお休みください」と。  合掌

令和3年10月29日 愛媛県建築士会松山支部 支部長 花岡直樹

【研修・技術委員会活動報告】建築パトロールを実施しました。

研修・技術委員会の大内です。

涼しい季節になったかと思うと、今週から急に寒くなりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

お久しぶりです。

さて、コロナ禍でなかなか委員会活動もしづらい状況ですが、久々の活動報告となります。1019日、違反建築パトロールに花岡支部長と2名で参加してまいりました。

毎年恒例の松山市の違反建築パトロールはコロナウイルス感染拡大防止の観点から不参加となりましたが、今回は県の公開パトロールということで、東温市の建築現場を6カ所巡回しました。

違反建築パトロールは、建築基準法の目的や内容について理解と認識を深め、違反建築物の防止を図って建築物の安全確保と良好な街の環境を保つためとされています。

「実際に違反建築物なんて…」と思われがちですが、毎年限られた件数ではあるものの軽微な是正や違反につながる不備などが報告されています。

研修・技術委員会は、今後も建築基準法の重要性について理解を深める活動および違反建築物の撲滅のための普及活動を積極的に行ってまいります。

7月1日は「建築士の日」です。

7月1日は「建築士の日」です。

7月1日は「建築士の日」です。1950年(昭和25年)のこの日、「建築士法」が施行されたました。 1987年(昭和62年)に日本建築士連合会によって制定されたものです。地域社会の健全な発展と安全で快適な暮らしを提供するために欠かせない建築士の質と地位を向上させること、建築士の社会的な意義を広くPRすることが目的です。

愛媛県建築士会では、各支部ごとにこの日の前後で「建築士の日の行事」と銘打って、いろいろな活動を実施しています。松山支部では、2009年度より10年間にわたり「建築巡礼inまつやま」と題して、一般市民の方々を松山近郊の優れた古建築や現代建築をご案内してまいりました。2019年度には新しい企画として「家づくり体験」を実施しました。小学校の子供たちに建築の楽しさを体験してもらおうと、建築模型を作る取り組みです。2020年度はコロナの影響で残念ながら中止になってしまいました。今年度も7月の実施な無理でしたが、11月開催を目指して準備を始めたところです。

今後とも、愛媛県建築士会松山支部の活動をご理解いただき、ご支援くださいますようお願いいたします。

令和3年度第1回 支部合同会議が開催されました。

令和3年6月21日(月)

18時30分~

建築士会館 1階会議室にて

支部長、副支部長、常任理事、各委員長、各地区長により

今年度の活動計画についての話し合いが行われました。

 

今後のコロナの感染状況によっては、

実施が難しい行事についても

予定通り、準備を計画していく事になりました。

 

各行事についての詳しい情報については

決定次第、

随時公開させていただきます。

 

松山支部 令和3年度通常総会が開催されました。

松山支部の総会が
令和3年4月21日(水)
理事会17時~
総会 18時~
松山建設会館 2階会議室にて
十分な感染対策を施した上、無事開催されました。

 

支部総会の開催直前にいたり
愛媛県知事による
「まん延防止等重点措置」の適用の要請との情報もあり

支部長以下常任理事による慎重な協議の結果
今年度の支部活動の為には、支部総会は開催すること、

新型コロナウィルス感染防止の対策として、
規模を大幅に縮小し、
理事会、総会とも
支部長、副支部長、委員長、地区長に限定することになりました。

一度ご出席の通知をいただいていた上記以外の理事の方、一般会員の方には、
出席のご辞退をお願いするという、大変失礼な事態になった事を心よりお詫び申し上げます。


総会に先立ち
支部第1回理事会が開催され、
委任状を含む全員の出席があり
議案の審議の成立が確認され
前年、今年度の活動計画、及び収支決済報告について、問題なく承認されました。

前年度は、主だった活動が自粛されていたため
総会における功労者表彰、感謝状贈呈については該当者なしとし、
特別表彰者として、
3月末をもって辞任された大西勝秀前局長を表彰することとなりました。

また、
本会との連絡をスムーズにする事を期して
渡邊修新局長を、新しく理事に選任することも可決されましたことを
あわせてご報告いたします。

 

引き続き開催された支部総会において
特別表彰者として表彰されました大西勝秀前局長からは
「13年間に及ぶ任期期間での最大の思い出は
直前におよぶまで協議された公益社団法人化への移行であり
後々の社会的信用の面からも選択に間違いはなかった」と、
しみじみとお話しいただきました。

閉会にあたり
「今年もコロナコロナで厳しい出発となりました。
コロナだから何もできなかった、という反省は今回で終わりにして、
みんなで知恵を出し合って活発な活動が出来たらと思います。
ご協力の程、よろしくお願いします。」

との花岡支部長からのお言葉に
今年の総会の意義が込められていたのではないでしょうか。

取り急ぎ
ご報告まで。